四国中央市観光協会 ~愛媛県四国中央市の観光情報をご紹介~

三角寺

三角寺

名称 三角寺(さんかくじ)
説明 四国88ケ所霊場第65番札所で愛媛県最後の札所。本尊の十一面観世音像は愛媛県の指定文化財であり、子安観音、厄除観音としても信仰されています。
歴史 寺伝によれば天平年間(730~749年)に聖武天皇の勒願により行基が開基したとされています。空海(弘法大師)が来訪した際、本尊である十一面観世音と不動明王を刻み、三角形の護摩壇を築き21日間降伏の秘法を施したとされています。三角寺の寺号はこの護摩壇に由来しています。境内には三角の池が残り、そのときの名残とされています。嵯峨天皇が本尊を深く信仰し、寺領300町歩を下賜し、堂塔を建造したとされ、往時は12坊を持ち、七堂伽藍を備えていたといわれています。天正9年(1581)の長宗我部元親軍の兵火で焼失し、現在の建物は嘉永2年(1849)に再建されたものです。
駐車場 40台(有料)
住所 四国中央市金田町三角寺75
問い合わせ先 0896-56-3065
公共交通機関を利用する場合 JR伊予三島駅下車→『せとうちバス 新宮・天日行き』に乗車→三角寺口にて下車→バス停より徒歩44分ほど(2.2km)で到着
※バスの路線・時刻表はせとうちバスのホームページ内、路線バスのページをご覧ください。
カーナビを利用される場合 カーナビを利用して三角寺に行かれる場合、正しく表示しないことがあります。
三島川之江IC下りて右折し、国道11号バイパスを徳島方面へ。国道192号線に入り、ガソリンスタンドを右折(標識あり)、そこから約10分ほどで到着

お問い合わせはお気軽に TEL 0896-77-5003 受付時間 8:30-17:00 (土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 四国中央市観光協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.